×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[R32油圧が低い]

まずはじめに断言しておきますが、純正メータの表示はほとんどあてになりません。追加メーターで4k指してるのに、純正メーターはまだ1k付近のままということがよくあります。
アイドリング状態からエンジンを吹かすと、タコメーターと同じ位の勢いで油圧も上昇しますが、純正メーターは吹かしただけじゃ何も反応しません。
要は反応が遅すぎるのです。だから、走行開始直後に針が上がらないからと言って心配する必要はありません。いつまでたっても針が上がってこないという場合のみ心配してください。

暖気後の油圧
エンジン回転数(rpm):油圧(kg/cm2)
600:約 1
2000:約 3
6000:約 4

対処法
■純正メーターを見てる
→ 気にしない
■センサー or メーターの故障
→ センサー or メーターの交換
→ 追加メータ装着(どうせならこっちを薦める)

■オイルポンプの寿命
→ ポンプの交換(新品16500円)
■オイルが劣化して粘度低下してる
→ オイル交換をする (安物のオイルで高速走行をすると、走行距離に関係なく劣化します)
■オイルの量が少ない (強いGがかかった時に、突然油圧が落ちる(純正メーターではわからない)
→ オイルの片寄りが原因なので、油量を増やす
■オイルの粘度が低い
→ 粘度が高いオイルと交換する コーラよりシェイクのほうがストローで吸うのに力がいるのと同じ。

HOME